2019/10/25 学術集会開催まであと1日!

学術集会開催まであと1日になりました。

1年近くの年月をかけてコツコツと準備をして参りました。今思えば色々あったなあ。何か、こう、娘?を嫁に出すような気分で、実行委員は当日を迎えると思います。

今回の学術集会はいくつかの新しいチャレンジ(ハンズオンセミナー、お弁当選択制?など)をフィーチャーして、皆様の参加をお待ちしております。

ここ札幌市内も至る所で葉っぱが色付き、皆様に一足早い秋の訪れを感じていただけるよう、準備万端でございます。それでは会場にて!


写真:やはり札幌の紅葉を語る上で外せないのがこちらの北海道大学構内にあるイチョウ並木。

第34回JARR学術集会のプログラム集の表紙を飾るくらい、もう有名なのなんのって、という観光名所です。大学構内ですが。

夜にライトアップもするようになり、ちょうど我々がお勉強をしている間に「金葉祭」というイベントも開催されるとか(イベントへの脅迫?!があり、中止するとの情報が!威力業務妨害ですね!)。

イチョウといえば銀杏の実、これから落ちてくるのでしょうか?どこからともなく人が集まり、銀杏拾い競争が開催されるでしょう(前も言いましたけど)。

藻岩山も、近所の公園も、どこもかしこも紅葉です。今年は色のつき方が良い年ではないかと、素人ながらに感じております。

お勉強の合間に紅葉狩りでも…と思ったら、会場の札幌医大にはあまり気がなかったような???